今回は着物買取の「まんがく屋」を私が使ってみた感想を書きたいと思います。

そもそも私が着物買取をしようと思ったのは、「家にある着物を高く買取してほしかった」のはもちろん、「大切にしてきた着物」なので「信頼できるところに売りたかった」からです。

家にあった着物は10ほどありましたが、今では体型が変わってしまったり、若かった時のもので着る機会もありません。「もうそろそろ手放さなきゃ」と思っていましたが、なかなかきっかけができず。

でも今回思い切って買取をしてもらいました。

まんがく屋の口コミを見ると

その中でまんがく屋の口コミもたくさんみました。評価は色々ありました。「いい」という人もいれば「微妙だった」と言う人も。

でも、こればかりは「やってみないと分からない」というのと、出張買取に対応しているので、「嫌ならそこで買取を断ればいい」、そういうスタンスで臨めました。

大事だと思ったことは絶対に宅配買取はだめ!ということです。宅配買取は着物を送る必要があります。そうすると、キャンセルしても返送料金がかかることが多いそうです。

そして中には、「600円買取で、キャンセルの場合は返送料金が6000円」なんてこともあるようです。

よって、このページにきているあなたは、「宅配買取は危険」ということを覚えておいてください。

まんがく屋は競合させるといいという感想を持ちました

結果的にまんがく屋では、「競合」させてもらいました。そうすると、不思議なことに、A店では1000円なのにB店では2000円だったり、A店では1000円なのに、B店では500円だったりしました。

もちろん「一緒に売ってくれれば・・・」という交渉もありましたが、トータルで見ると、「高く買い取ってもらえるほうに売る」というのがベストな選択肢のように思います。

ここまで

  1. 出張買取や店舗買取など、査定員と話す着物買取の大切さ
  2. 宅配買取は絶対選ばないこと
  3. 競合させること

この3点を書いてきましたが、ほぼほぼこれで間違いないと思います。あとは口コミを気にせずに、実際に着物買取をしてもらいましょう。ネットで言われているほど、「悪いモノ」ではありません。

特に東京は激戦区ですので、東京での着物買取は競合させると「より高くなる」ようです。

高く売るには、競わせることが重要です。大切な着物であればあるほど、複数店舗に見積もりをしてみましょう。